PeakVisor App

山とアート

12 October 2018
Mountains
Outdoors
Art

感情というのはアートのエンジンだと言われています。そして山というのは感情の源です。太陽が照らす時と曖昧な月を光っている時に覗くと同じ山は全く違う印象を与えます。他の景色も美しいですが、山の景色は最高です。アーティストや小説家などにインスピレーションを与えて、その人たちが山脈、岸壁、ピーク、谷、深淵、湖等の神々しい美しさを捕まえて色々な作品を作ります。

HD写真時の前にも人間が山の美しさ視覚的に捕まえて世界中に広げる要求がありました。人もいない建物もない山の所に自然のパワーが感じられます。中国と日本の芸術といえば昔から自然は大事な役割を務めましたが西洋芸術の場合には風景画の伝統は16世紀のリナッサンスから盛んできました。

下記には山が写っている有名な作品のセレクションを紹介します。この作品を見て、諸国の新しいトレールを歩きたくなるように望んでいます。

アルプスの秋
アルプスの秋

昔からアーティストには外で絵を描くのは当たり前でした。しかも、絵の道具を持っていくのは大変でしたし、フィルター、3D技術、アップ等のディバイスがなかったし、景色を完璧にカンバスに表すのは無理でした。

これから風景画のパイオニアの引継ぎを一緒に見てみましょう。

ヨーロッパのアルプス

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(1774 – 1840)はドイツ出身のロマン主義画家でした。主に永遠と神様のというテーマに集中しました。彼は伝統的に大事なジャンルだと思われなかった風景画に宗教的な意義を追加しました。自然の壮麗さに神様の壮麗さの反映だと信じて、神様の無制限パワーを伝えられるようにサンライトと霧をカンバスに組み合わせました。

彼は「真正な美術は神聖な瞬間に生まれるものだ。画家が気付かずに精神的な要求のおかげで作られたものだ」と言ったそうです。

「雲海の上の旅人」(ドイツ語:Der Wanderer über dem Nebelmeer)という絵は彼の傑作だけでなく、ロマン主義の代表作だと思われています。

雲海の上の旅人
雲海の上の旅人

「Der Watzmann」はカスパー・ダーヴィト・フリードリヒのその他の有名な作品で、ドイツのベルヒテスガーデンという町から眺められるWatzmannを写す絵です。

Der Watzmann
Der Watzmann

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒについてもっと知りたい場合こちらにクリックして下さい。

ジョヴァンニ・セガンティーニ

ジョヴァンニ・セガンティーニ(1858 – 1899)はイタリア人で19世紀後半のヨーロッパの一番有名な画家でした。彼の一番有名な作品と言えばアルプスの田舎を写る絵でした。全てのヨーロッパ美術館は彼の作品を求めていました。晩年にはディビジョニズムと自然のシンボリズムを混ぜたスタイルを扱いました。

1894年から晩年までセガンティーニは西レテイケアルプス山脈にあるマローやに住んでいました。そちらに彼に献呈されたトレールがあります。

一番短いのは「セガンティーニ道」と名乗られて30分トレールです。サンモリッツにあるソルダネッラホテルの反対側からスターとしてセセガンティーニ美術館を通ってソンプラズ・スブレッタ交差点に終わります。途中、画家についての情報を表すパネルが6枚あります。

「セガンティーニトレール」は12段階の2時間トレールです。それぞれの段階に画家の人生と作品を表すパネルがあります。画家の家からスタートして画家に影響を与えた岩の多い山の景色を通った後、家族のお墓に終わります。

下記はアルプスの3枚続きの絵とソロ絵です。

アルペン3枚続きの絵・ ライフ、 1898-99
アルペン3枚続きの絵・ ライフ、 1898-99
アルペン3枚続きの絵・自然、 1898-99
アルペン3枚続きの絵・自然、 1898-99
アルペン3枚続きの絵・死、 1898-99
アルペン3枚続きの絵・死、 1898-99

[淫蕩の罰]という絵は山風景で白いローブを着て浮かんでいる女の姿を表しています。ニルバーナサイクルの一部です。母親の役割を務めるのを失敗した女性の罰を表しています。セガンティーニには山が魂の家でした。そして、枯れた木が新しい春に人生を戻る可能性の象徴です。

淫蕩の罰、1891
淫蕩の罰、1891

セガンティーニの一番長いトレールはセンダセガンティーニと呼ばれています。山風景のエンがディンからスルセッターまで行く4日間のルートです。画家はサヴォニンからマローヤ移動した時に歩いたルートです。

最終にはMunt da la Bês-chaの頂点の近く、ポントレジーナ町の上にセガンティーニに献呈された山小屋があります。そちらに彼は最後の日々を過ごしてチヤマンナセガンティーニという村に死にました。

ジョヴァンニ・セガンティーニその他の情報はこちら

オーギュスト・ルノワール

フランス出身のオーギュスト・ルノワール(1841 – 1919)は、細かな装飾を施された山風景の絵ではなく、印象主義の原則に沿って絵を描きました。活発的なな筆跡で雰囲気とちらちらする光を表現できました。彼の一番有名な作品はパリのモーダン雰囲気とパリの気晴らしを写っている絵ですが、光と影の動きを捕まえられるようにワイルドな自然も観察しました。

その観察の結果の一つはMount of Sainte-Victoireという作品です。

Mount of Sainte-Victoire

オーギュスト・ルノワールについてのその他の情報はこちら

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775 – 1851)はロマン主義所属のイギリスの画家、水彩画家、版画家でした。彼のスタイルの特典と言えば表現的な顔料使用と嵐海の風景と創造から生まれる景色を描くことでした。しかし、Devil’s Bridge という作品は現実的な印象を与えますし、本当の事件を表しています。詳しく言うと、ロシアのスヴォーロフ大元帥はアルプスを横断した時、敵の軍人との戦いだけでなくアルプスの激し冬との戦いも表しています。

The Devil's Bridge

ターナーが地面が平らで愛しいイギリスでさえも山を見つけて絵を描きました。Avon Gorge風景という作品はハガキのように綺麗です。

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーについての他の情報はこちら

北アメリカとウェストの探検旅行

トーマス・ヒル

トーマス・ヒル(1829 – 1908)はアメリカの画家でした。彼かの絵は主にヨセミテ渓谷、シャスタ山などのカリフォルニア州の景色とニューハンプシャーの白い山の景色を描きました。「ヨセミテ渓谷のビュー(1865年)」という絵は2009年ワシントンに行われたオバマ大統領の開始宴会のバックグラウンドとして使われました。

オバマ大統領の開始宴会、アメリカ合衆国議会議事堂の国立彫像ホール。
オバマ大統領の開始宴会、アメリカ合衆国議会議事堂の国立彫像ホール。

その時代の画家と言えば珍しいことでしたが、ヒルさんは美術ギャラリーと美術専門店も経営していました。アーティストのキャリアーで儲けたお金は自分のビジネスに投資しました。臨時的にSFFAデザインスクールの校長として選ばれて、その時セコイア国立公園とヨセミテ国立公園の設立者、環境主義者のジョン・ムイルのおかげでアラスカに旅行しました。

Lafayette山、冬 、1870年。
Lafayette山、冬 、1870年。
湖のそばにあるアメリカンインディアン、カリフォルニア州の景色。
湖のそばにあるアメリカンインディアン、カリフォルニア州の景色。

トーマス・ヒルについての他の情報はこちら

アルバート・ビアスタット

アルバート・ビアスタット(1830 –1902)はドイツ系のアメリカ人画家でした。彼に描かれた西アメリカの豊富な景色が有名です。この絵を描けるように西方への拡大旅行に参加しました。

「初めての写真・画家」も呼べます。西方へ行った時の写真を使って壮大な山のスケッチを描いて、そしてそれがニューヨークのスタジオで拡大なカンバスを描けるように使いました。1857年12月に「The Portico of Octavia Rome」という作品がBoston Athenaeumに購入されたきっかけで彼のキャリアが進歩しました。

岩だらけで詳細が多くて、印象的な照明で描かれた大規模の西アメリカのパノラマは19世紀の美術採集者の想像力と興味を起こして、その作品のおかげでアメリカの美術市場のトップになりました。彼が生きたままの時でも彼の作品の値段が非常に高くなりまして、彼の才能が凄く認められてキャリア的に成功しました。

1863年にピークを登録されたColorado 14er - Mount Bierstadtという有名な山はアルバート・ビアスタットに献呈されました。

アダムズ山
アダムズ山
>コルコラン
コルコラン

アルバート・ビアスタットについてその他の情報はこちら

Frederic Edwin Church

フレデリック・エドウィン・チャーチ(1826 – 1900)は山、滝、夕焼けを表す拡大な山の景色を表す絵のおかげで有名になったアメリカの風景画家でした。アメリカの風景画家のハドソン川派の中心人物でした。チャーチの作品が現実的な詳細と意味深い照明、パノラマに集中します。彼が使用した技術は現在の写真家に使われた技術も含めています。

チャーチはビジネス的にも成功したと言えます。実際に1853年と1857年にビジネスマンのサイラス・ウェストフィールドに南米に旅行させられました。なぜかというとウェストフィールドがチャーチの作品で南米に関しての投資者の興味を起こしたいと思ったからです。

チャーチはアレクサンダー・フォン・フンボルトというプロシアの探検者の「コスモス」と彼の大陸探検の魅力を受けました。フンボルトはアンデス山脈の姿を描けるように美術家達にチャレンジしいました。彼らが実際に描いてみました。

コトパクシ火山の噴火を表している絵を見て下さい。

コトパクシ火山
コトパクシ火山

フレデリック・エドウィン・チャーチについけのその他の情報はこちら

ジョン・シンガー・サージェント

ジョン・シンガー・サージェント(1856 – 1925)はレベルキャラクターとみなされています。オースカル・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」に登場するバジルさんと似ていたアメリカの画家でした。彼の世代の肖像画家のトップと思われましたが風景画も描きました。彼の特徴と言えばカンバスの人物は同時に近くて遠く見えることです。

Trevor Fairbrotherの言葉によると「彼のカンバスから明るく輝く現実性を溢れている同時に感情、要求、直感なども観察者に表れています。彼がカンバスの正面を激しく突いたり、軽くたたいたり、汚したり、掻いたりします。彼の顔料は鮮やかで、特別で、派手で濁りがありました。この作品が人間の要求をすべてのシェードを表すものです。

カレッザ湖、南チロル
カレッザ湖、南チロル
カレッザ湖、写真
カレッザ湖、写真

ジョン・シンガー・サージェントについてその他の情報はこちら

アジア

沈周(しんしゅう)

ついに、アジアの画家も紹介します。

沈周(しんしゅう、1427年~1509年)中国の明代中期の画家です。彼の500年前の「杖藜遠眺」という作品は現代の人々にも魅力を与えられる。

杖藜遠眺
杖藜遠眺

沈周のWikipediaページもご覧ください。

吉田 博

吉田 博(よしだ ひろし、1876年~ 1950年)は、日本の洋画家、版画家です。自然と写実そして詩情を重視した作風で、明治、大正、昭和にかけて風景画家の第一人者として活躍しました。様式の油絵も学びました。

富士山の水彩画、1920年
富士山の水彩画、1920年

吉田博は日本式画法の技術と伝統を忠実に従いつつ様式画家のセンスを持っていました。20歳の頃には吉田は久留米市から離れて田村宗立(たむら・そうりつ)の弟子になり、京都に移動しました。その後、小山正太郎(こやま・しょうたろう)の指導を受けるために東京に行きました。そちらに吉田が様式画を学び、展示会の賞を勝ことだけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、北アフリカにも旅行して、自分の水彩画と油絵を売れました。1902年に明治美術会の中で大事な役割を務めました。油画家と水彩画として人気が高かったのに浮世絵に対しての西洋人の興味から利益を高めたいと思いながら版画家としても挑戦しました。

ボストン美術館にある吉田博の傑作はこちら

富士山、写真
富士山、写真

この記事に興味を持っていただきありがとうございました。アート、テクノロジー、自然の共通点についてもっと知りたい方はpeakvisor@routes.tipsにお問い合わせ下さい。

ニュースを購読します。
有効なメールアドレスをご利用ください。