PeakVisor App

山と戦争

20 May 2019
山、アウトドア、ハイキング、戦争

山は人類史の中でずっと重要な役割を務めていました。地質の一部だけではなく、人間の空想に深く根付いているものです。我々人間が山に象徴的な意味を与えた上、信仰と美術の対象として用いていました。また、山が自然な国境ですので、作戦の要所としても見なされ、国と国の争いの原因になった例が多いです。

ウェスティン映画にいつも登場するカウボーイとアメリカインディアンは Teton 山脈 の麓に位置している Jackson Hole, かレッドキャニオン(ユタ州)のような狭い峡谷を通じて敵を導くシーンがよく見えるでしょう?状況によって山が人間を隠すものか敵に不意に攻撃する場所になるわけです。山道は同時に危うくて魅力的なものではありませんか?

The Red Canyon, Utah
ザ・レッドキャニオン、ユタ

歴史的背景

しかし、山に行われる戦争はきらびやかなハリウッド世界かジェームズ・ボンド の映画に伴うものだけではありません。不運に、山は実世界の戦争やその他悔しい大事件 などが起こる場所として見なされるのも大事です。古代ローマ史を振り返って見るとハンニバルのアルプス越えという例が述べられます。それが初めて山の地形が作戦で使用されたきっかけでした。ハンニバルは敵を不意に攻撃するために北イタリアからローマまで行く戦略を考えました。しかし、行軍の途中ゴールなどの民族に攻撃される可能性が高いと思いながら誰にも通られていないアルプスのルートを選んで、敵の待ち伏せが避けられたそうです.

Hannibal crossing Alps
ハンニバルのアルプス越え

でも、本当の山岳戦というものはより後、特に中世時代に生まれたものだと言われています。その時、ヨーロッパ君主国の軍隊がスイスの軍隊を難しく打ち負かした。なぜかというと、スイスの軍隊が山の地形の特徴をよく知っていてその地形の特徴を付け込んで戦っていたからです。

山岳戦 vs. 陸戦

結局、なぜ山岳戦は陸戦と違うのでしょうか?主な原因は環境の特徴です。山で戦う軍隊が敵の軍隊だけではなく容赦のない天気、凸凹の土地などから身を守らないといけない訳です。そのため、山岳で戦う軍隊が特別なトレイニングを受けなければなりません。

初めてそのニーズがはっきり表れたきっかけは第一次世界大戦でした。それが山で起こった一番激しい戦争でした。その時から、実際に山岳戦(アルペン戦争も言われています)という表現が使えるようになりました。

山岳戦の基礎

その時初めて戦場として見なされたことない場所が作戦のキーポイントになりましたし、軍隊が山の闘争で生き残れるような訓練を受け始めました。山の地形が国土のかなり広い一部だった全ての国々は自分のアルペン軍隊を構成しました。最初にアルペン軍人は山村の周辺に生まれ育った農家や庶民の中で兵籍されました。地元の人達は戦場になった山を良く知っていましたし、過酷な状況にも耐えられました。その後、拡大な兵籍と特別な訓練を着手されました

一番有名な例はイタリアのアルピニです。1872年 普仏戦争の時に設立されて、1911年の伊土戦争の時も第一次世界大戦の時も配備されました。オーストリアにもドイツにもアルペン軍隊の相手がありました。Gebirgsjäger(山の猟兵大隊)と呼ばれ、歩兵の一部でした。それに加え、フランスのアルペン猟兵大隊(名称「Les diables bleus・青い悪魔」)とポーランドのStrzelcy podhalańscy とロマニアの Vânători de Munte とアルゼンチンの Cazadores de Montañaというアルペン軍隊を存在しました。

Alpine military forces
アルペン軍隊

アメリカもアルペン軍隊を配備しました。1939年にコロラド州で山岳戦訓練用 Camp Hale訓練場を 設立されました。第二次世界大戦後退役軍人はあそこに戻り、登山ガイドやインストラクターの役割を務めてスキー市場の拡大にだいぶ貢献しました。それに、登山クラブの創設とアウトドア向けの雑誌の出版も始めました。これは山に対しての興味のおかげで戦争の悲しい思い出を良いことに変更できた素晴らしい例ではないでしょうか?

アルペン猟兵大隊の表象

各アルペン軍隊の中に少しはある特色を避けて、共通点がいくつかあります。一つ目は「猟師」という意味のある呼び方です。二つ目はアルプスに咲いているエーデルワイス花という象徴です。各軍隊がエーデルワイス花と他の象徴を組み合わせているのがは通でした。例えば、ポーランドのアルペン軍隊は山の十字架という象徴を使っていました。それはかぎ十字と似ていますが実際にポーランドの民族的な象徴です。三つ目は帽子に貼り付けていた羽です。イタリアのアルピニの場合、軍の階級によってカラスの羽か鷹の羽か鴨の羽を貼り付けられていましたが、ドイツのGebirgsjägerの場合クロライチョウの羽は普通でした。

戦後に残したハイキングトレイル

戦争というのはイタリア語の「Sul Cappello」(帽子に)のような軍歌に記念するものだけではありません。実はハイキングトレイルを歩いて戦争の足跡を発見することもできます。第一次世界大戦で整備されたトレイルとキャンプはイタリアとスイスのアルプスに沢山残っています。元々の前線がステルビオ峠(2,757m)からOrtles山(3,905m)、 Adamello山(3.539m)、 Presanella山 (3.558m)などの東アルプスまで通り、アディジェ谷とアディジェアルプスから降り、Lagorai 山脈, Marmolada山 (3,342m), ドロミテまで続いて、全てのアルプス地方を通り過ぎました。

Marmolada, the Dolomites,Italy
マルモラーダ、ドロミテ、イタリア

たとえば、Pasubio山 (2,239m)に位置している52トンネルトレイルがあります。これは拡大な石の中で掘られた6kmの長いトンネルで作られているトレイルで、最初はオーストリアハンガリーの反対に戦っていたイタリアの軍隊を補給するために作られました。

Pasubio, Italy
イタリア、イタリア

Lagazuoi山 (2.778 m) のKaiserjagerトレイルがオーストリアハンガリー軍隊に使われたヴィアフェラータです。山の頂点に着くと戦争博物館の見学もできます。上級レベルのトレイルなので初級登山者が歩くよりロープウェイに乗った方が楽です。

Lagazuoi, the Dolomites,Italy
ラガツォイ山、ドロミテ、イタリア

カドルナラインというのはイタリアとスイスの国境に沿って走っているトレイルで、ルイージ・カドルナ少将に建てられました。具体的に、軍用の塹壕や砲兵陣地、監視所、要塞、最初の応急手当所、物流所、コマンドセンターなどを含めているネットワークですトレイルにある面白いスポットは立派なバレーぜ県に位置しています。 ロンバルディア州トレンティーノ・アルト・アディジェ自治州ヴェネト州 にそれみたいなトレイルがたくさんあります。

傑出した軍事行動

山のような危うくて激しい領土で軍人と整備を動かす為には領土の知識や特別な作戦などが欠かせないものです。敵との戦いより酷寒と吹雪と凍傷との戦いの方が辛かったです。特に冬には、闘争がほとんと完全に止まり、軍人がサバイバルに集中しつつ、平原からの補給と通信を保証することに集中していました。言うまでもなく、山岳戦の軍人がスキーや掴み鍵やピッケルやロープや高度測量器などの整備を供給されました。

多分、戦争史の一番向こう見ずで整備少なくて勇敢な撤退というのはアレクサンドル・ヴァシリエヴィチ・スヴォーロフ少将 uが行ったのだともしれません。彼の行動は救助のない18世紀のDunkirkみたいな軍事行動でした。J. T. Headley(1845年)というアメリカ人の著者によると、ハンニバルの軍事行動がスヴォーロフ少将の軍事行動と比べたら全く容易いことだったそうです。

スヴォーロフは北イタリアからナポレオンの兵を逃し、1799年の秋にズュリクまで行進して友軍と出会って、スイスからフランス軍を追い出すように命令をされました。中央スイスに着く前にスヴォーロフの兵がフランス軍に追い込まれそうになってしまいました。St. Gotthard Pass峠の周辺に獰猛な闘争が起こった後スヴォーロフの兵が完全にバテて、植えてしまい、裸足でした。その時、スヴォーロフがなんとかしてフランス軍を負かしそうになりましたが、悪魔の橋という場所の近くに着いたとたん他の大事なチャレンジに対しました。その橋はものすごく狭くて渓流の上に通っていただけではなく、フランス軍に大きい被害を受けた状態で見つけられました。ロシア軍は橋を渡った後飢えたり、凍ったり、血だらけになったりした状態でAltdorfに着きましが、あそこにも他の以外な挑戦に応じました。実際に、あそこには道もなくて歩ける可能性もありませんでした。現在でさえも独特な整備だけで登れる山道だけしかありませんでした。しかも、1799年10月1日にロシア兵の二倍ぐらいであったマッセナ元帥 の兵が攻撃しました。それなのに、ロシアの反撃がフランス兵を負かしたほど意外と早くて友好的でした。マッセナ元帥でさえもロシアの軍人にカラーからエポレット取られ、捕まれそうになってしまいました。フランス兵がまた負けてしまい、たくさんの損傷してしまいました。スヴォーロフ少将は兵の75%以上生き残ったままで勝てました。「もしできれば、スヴォーロフのスイス戦役が自分の成功と交換すればいいな」その後マッセナ元帥が告白しましたそうです。結局、スヴォーロフ少将は2万人の軍人と5千人のコサック軽騎兵を含めている兵をアルペン峠の3つ、10日間で導けました。その時の彼がもう70歳でした。現在、スヴォーロフのスイスへの行進ルートの途中に博物館6つが見学できます。

Devil’s Bridge (Teufelsbruecke)
悪魔の橋

山に位置しているこの歴史深いスポットへ行きたいと思ったら、ハイキング企画を立てるためにPeakvisorアプリをご利用下さい。作戦という目的を持って作られたこのトレイルは観光向けのトレイルになりました。昔のトレイルを歩いてみると現在歴史に対しての知識も絶対深められるのでしょうか?Peakvisorアプリで戦争トレイルを楽しめましょう!

米国山岳戦の遺産

山というのは国と国の戦争以外に人権と関わる国内戦争の戦場になった場合もあります。アメリカ石炭産業で起こった労働反乱というのは一つの例です。特に20世紀の前半にアパラチア山脈で起こったウェストバージニア州のブレアマウンテンBlair Mountain(601 m)の戦いは一番有名でした。ウェストバージニア州の一番大事な職業の源はずっと石炭産業でしたが、労働者の労働状況や悪かったし、給料が安すぎましたし、宿の衛生状況などが良くなかったです。坑夫達には奴隷制度みたいな感じでした。ブレアマウンテンの戦いといえば、坑夫達と石炭産業何年間の労働反乱の結果でした。

それに、北アメリカとカナダの間に位置している Victoria Cross Ranges)にはカナダ人の老兵を記念する山々もあります。Kerr山, Kinross山, McKean山, Pattison山, Zengel山. という5つのピークが第一次世界大戦の時Victoria Crossを得た五人の老兵のように名乗ってあります。Victoria Crossというのは1856年にVictoria王女に設された賞でイギリスのコモンウェルスが与えた一番高い軍の階級でした。得たのは戦争中に勇気を表した軍人だけでした。

アジアと中東の山岳戦

Chouf山地で起こったレバノン内戦の山闘争とチアパス州のシエラマドレ山脈(3,354m)で戦われたサパティスタ民族解放は第二次世界大戦後に起こった山岳線の例です。

時間と区域の遠い例も述べられます。それは日本の山伏です。山伏は元々山に暮らしていた修験道の修道士でしたが、武道にも堪能でした。山の猟兵大隊のような訓練を受けて山の激しい状況を耐えられるのは彼らの特徴でした。例えば、山草だけ使用する特別な調理スタイルを推進していました。実際に、宗教的な目的で訓練されましたが、鎌倉将軍職を転覆してみた後醍醐天皇と共に戦ったこともあります。そして、戦国時代に(1467年〜1600年)また全国の征服に目指している派閥の忠告者として活躍しました。

Japanese yamabushi
日本の山伏

山は山こそ世界中どこでも争いと人殺しや戦争と関係あった歴史深い事件が起こった場所です。しかし、血生臭い事件でさえも人類史の中で山がどんな重要な役割を勤めているのかという証拠だと言えるでしょう。

山岳戦と関係あるその他の事件をご存知ですか?山と戦争という話題についてもっと詳しく聞きたいですか?peakvisor@routes.tips.宛にお問い合わせ下さい。どこでもPeakVisorアプリをご利用して、山を楽しめましょう!

ニュースを購読します。
有効なメールアドレスをご利用ください。