PeakVisor App

山とデザート

14 May 2020
登山
ハイキング
甘いもの

登山というのは、非常に挑戦的ですが、最もやりがいのあるスポーツです。多くのハイカーや登山家は、長い道のりを登った後、少しだけリフレッシュしたくてたまらないのは当たり前です。その時、山小屋の素敵なラウンジで涼んで、信じられないほど美味しい地元料理を食べるよりも良いことはないでしょう。甘党な人々なら、標高の高い山小屋や、近くの駐車場にあるカフェとパン屋で、ユニークなデザートを見つけることができます。

山小屋で食べられるユニークなデザート

なぜこれらなぜこれらのデザートはユニークですか?

答えは簡単です。そのケーキやデザートは何世紀にもわたる伝統がすべて具現化されていますので、一口を食べるだけでも、場所の味や地元の食材の美味しさを感じられるからです。

イタリアとフランスの真ん中 - モンブランケーキ

モンブラン山の故郷であるヴァッレ・ダオスタ自治州では栗とホイップクリームで作られた美味しいデザートがとても人気です。かつて、栗は「貧しい人のパン」と呼ばれていて、何千人の貧しいイタリア人の農民を救いましたが、20世紀に高級料理に欠かせない材料に進化しました。モンブラン(イタリア語でモンテビアンコ)は、典型的なピエモンテ州のスプーン・デザートです。作り方は簡単です。まずは、栗と砂糖とバニラ豆を牛乳で煮られます。そうすると、栗は柔らかくてクリーミーな粘度を得ますし、良い香りがします。そのあと、栗が冷やされてピューレにして、ポテトマッシャーに入れて、通常は「ワームのような」テクスチャーを作ります。そのあとピューレで山の形を作ります。次に、ホイップクリームをたっぷりとトッピングします。雪山の頂上みたいなイメージを作るために、粉砂糖を散布して「雪」も作ります。

モンブランケーキ

通常、モンブランケーキは栗が豊富な季節、つまり秋に出されています。サヴォイア家のパティシエは砂糖と栗の可用性のおかげで、簡単にこの甘い物をどんどん改良できました。

モンブランケーキは北イタリア、特にヴァッレ・ダオスタ自治州に広く行き渡っています。このデザートは、サヴォイア王国 の時フランスイタリアの故郷に生まれた可能性が高いです。実際にモンブラン山イタリアとフランスの国境に位置しています。そのため、レシピは共通の領域で生まれ、どんどんヨーロッパ全体に広がっていたと言われています。

どこで味見できますか?

このデザートはアオスタ、クールマイヨール、シャモニーの主要なケーキ屋で簡単に見つけることができます。カフェで味見できるのは洗練されたバージョンですが山小屋で味わうのはもっとシンブルなバージョンです。そして、山小屋でモンブランとともに、近くの森からの野生果実のマーマレードで作られたおいしい「クロスタタ」ケーキも食べることができます。

テラスから見えるMer de Glace、 シャモニー、フランス。

スイス とイタリアの間 - マッターホルン・セルヴィーノケーキ

マッターホルン(イタリア語でセルヴィーノ)は登山の難しさでなく、「トブラローネ」という人気なスイスのチョコレートブランドのおかげでも世界中どこでも有名です。このチョコレートバーは、マッターホルン のピラミッドのような独特な形を真似します。

山のイタリア側では、パン屋さんが「セルヴィーノ」と呼ばれているケーキを焼きます。この独特なピラミッドの形から、様々な国のシェフがインスピレーションを受けます。このケーキは、北イタリアの伝統的なクリスマスケーキである「パンドーロ」のような風味がします。材料は、牛乳、卵、砂糖、小麦粉、バニラ豆、ピーチ缶詰、桜桃糖果 です。

マッターホルン・セルヴィーノケーキ

どこで味見できますか?

Antico Forno Flaminiなどのチェルヴィニア市にあるパン屋は素晴らしいチェルヴィーノケーキを提供しています。

Gâteau du Vully

「Gâteau du Vully」はスイスの牧草地の代表的なデザートです。フリブール州にあるVully山のように名付けられました。材料は非常にシンプルで、ミルク、バター、クリームなどの山地の典型的なものです。それは朝食に理想的なケーキで、老若男女向けのスナックです。

Vullyケーキは19世紀の終わりから作られています。「Société de couture du Bas-Vully」の記録によると、「Haut-Vully Ladies' Group」が1902年にこのケーキを販売していたそうです。しかし、Sugiez村のFriedliパン屋で初めて販売されました。Friedliパン屋さんは過去30年間にわたって一番美味しいVullyケーキ(甘いバージョンと塩辛いバージョン)を焼いています。

Gâteau du Vully

ケーキ狩りと山冒険を組み合わせる最も良いの方法は、Vully周辺の歴史的なトレイルを探索することです。ルートはSugiez–Pierre Agassiz–Sugiezです。この歴史的なトレイルを歩けば、フランス語圏のスイスの雰囲気が感じられます。それに、ジュラ山脈や有名な湖やアルプスなどの魅惑的な景色を眺めることができ、スイスの最も小さくて素晴らしいブドウ園の見物も楽しめます。

どこで見つけられますか?

Murten - Aebersoldパン屋、またはMr Bernard Gaillet Boulangerieでケーキの両方のバージョンを見つけることができます。

Murtenパン屋

イタリアロンバルディア地方、レッコ山脈の近くで、この甘い旅を続けましょう。ここに、2つの重要で有名な山のように名付けられた2つのケーキがあります。これはグリニャレセゴーネケーキです.これらのケーキはレッコ市の中心にある歴史的なカフェで見つけることができます。多くの山小屋も標高2000メートルでこのケーキを焼きます.

グリニャケーキ

このケーキの歴史は1900年代に根付いていて、マンデッロ・デル・ラリオ市に生まれたミケリさんというパティシエのキャリアーと関係があります。ミケリさんは船でイギリスまで長い旅行をしました。訪問中、彼はイギリスの裁判所に行われた料理コンテスロに参加しました。彼はバター、コーヒー、ヘーゼルナッツ、アーモンドの香りでユニークなケーキを作って競争に勝ちました。勝者として帰国する前にイギリス人の女の人と結婚しました。

グリニャケーキ

グリニャケーキは、デザートかスナックとして素晴らしいです。しかも、調理翌日には味がもっと美味しくなります。ラップフィルムでラップして保管することが必要です。全ての最高のイタリア産スパークリングワインとよく合います。

どこで見つけられますか?

Mandello del Lario市のGilardoniケーキ屋がオリジナルなレシピを所有していますので、あそこにケーキを見つけることができます。グリニャ 山頂へ向かう途中にあるElisa山小屋はケーキを直接試してみる別の場所です。

レセゴーネケーキ

レッコ市の近くには、もう1つの有名な山脈があります。それはレセゴーネ山脈です。この山に捧げられたケーキのアイデアは、2006年に生まれました。材料として、1800年代にその地域に存在していた地元の製品を使用することが決定されました。レッコ市の3人のパティシエがコラボレーションを始め、ケーキを作りました。彼らの目標は、古代の味、本物の味、そして環境と原産地への情熱を組み合わせることでした。

レセゴーネケーキ

レセゴーネケーキは地元の人々と似ています。皮が硬く感じますが、ブルーベリージャムの中身は驚かせるほど柔らかくて甘いです。実際に、地元の人々のも最初に冷たくて恥ずかしがりやだと思われていますが本当は心がとても優しいです。

どこで見つけられますか?

このケーキはレッコ市のすべてのパン屋で味見できますが、レセゴーネ山の山頂まで行くトレイルの途中にあるLuigi Azzoni山小屋で作られているのをお勧めします。

Luigi Azzoni

日本の山の名前が付いているデザート

日本なら、山の名前が付いているデザートは何ですか?色々がありますが、ヨーロッパと比べたら少しだけコンセプトが違います。実際に、一つの地域に生まれた一つのレシピより、有名な山のイメージを独特に解釈されるレシピが沢山ある方が普通です。

間違いなく、もっとインスピレーションを与える山は富士山です!富士山の形を真似しているケーキやクッキーがたくさんありますが、山梨県にある「FUJIYAMA COOKIE」をお勧めします。材料の質と味の組み合わせは独特で、老若男女問わず愛されるお菓子です。

引用:FUJIYAMA COOKIE公式HP

その他は2015年には日本ギフト大賞を受賞して、今全国で有名になっているシフォン富士ケーキです。これは地元の食材使って作られたシンプルなシフォンケーキです。しかし、形は火山を真似し、トップで山頂の雪のようにパウダーシュガーは散らばっています。

引用:シフォン富士公式HP

言うまでもなく、ヨーロッパで生まれたデザートの和風バージョンもとても人気です。それの一つは栗の代わりに、カボチャや抹茶などで作られたモンブランケーキです。ヨーロッパのイメージを伝わりながら日本人の口に合う味を入れるこのデザートは本当にユニークです。日本の山の名前が付いているデザートが様々あると思いますが、シェアしたいデザートがあれば、peakvisor@routes.tipsへメールを送ってください。

ニュースを購読します。
有効なメールアドレスをご利用ください。